メルマガ登録
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   


Oliveisland公式Twitter
Oliveisland公式Facebook
Twitter Facebook
 
その1 シングル・エステートへのこだわり          

オイル搾油

小豆島のオリーブオイルは収穫から搾油、瓶詰まで全て小豆島内で行っております。
オリーブオイルはオリーブの果実を絞ってろ過しただけの一切科学的処理を行わないオイルです。
オリーブの実は、樹から摘み取った瞬間より劣化が始まるため、 農園で収穫した実を搾油から
瓶詰めまで短時間でオリーブオイルに加工し、鮮度を保つことができるのです。
その2 苗木・植木へのこだわり

小豆島の代表品種である、【ミッション】・【マンザニロ】・【ルッカ】・【ネバディロブラン】などを、
挿し木から育て、丹精込め1年生から4年生の植木を数多く育てています。
太陽の恵みがふりそそぐ、南向き農園において多くのオリーブが育てられ、
農園スタッフたちが品質の高いオリーブが収穫できるよう毎日、丹精こめ手入れをしています。


(2-3年生苗木) (南向き農園)


温暖で自然な環境の土壌 (オリ-ブの花・ 5月下旬から6月上旬開花)


夏から秋にかけてたくさん実ります (新漬け用果実【マンザニロ】)
収穫時期が近くなると、オリーブ果実が色鮮やかに変化していきます。


色鮮やかなオリーブの実を観賞したり、幸せになれると言われる
ハート形のオリーブの葉を見つけることも楽しみのひとつです。
「OLIVE JAPAN 2016国際オリーブオイルコンテスト」金賞・銀賞受賞